トレーナーの紹介

田村博文先生

ヴァイオリン 田村 博文先生

1956年東京に生まれる。都立三田高校を経て、1979年武蔵野音楽大学卒業。同年読売日本交響楽団入団。1985年西独、ケルンに留学。山口元男、掛谷洋三、岡山潔、ウリッヒ・アルストフートゥ各氏に師事。

荒川以津美先生

ヴァイオリン 荒川 以津美先生

東京芸術大学付属高校及び同大学を経て、1990年同大学院修了。同年、読売日本交響楽団入団。1995年より1年間アフィニス文化財団海外研修員としてパリ、ベルリンで研鑚を積む。これまでに岡山潔、ベラ・カトーナ、ライナー・クスマウル、G・プーレの各氏他に師事。現在、読売日本交響楽団を中心にオーケストラ活動をする傍ら、室内楽やソリストとしても活躍している。99年、06年の定期演奏会には、ソリストとしても出演していただいている。

酒井先生

ヴィオラ 酒井 雅の先生

1970年、東京に生まれる。1994年、東京芸術大学を卒業。ヴァイオリンを本間美子、霜佐紀子、天満敦子の各氏に、ヴィオラを中塚良昭氏に師事。また室内楽を日高毅、岡山潔、兎束俊之、松下秀也各氏に師事。現在はフリー奏者として活躍中。1995年よりビオラトレーナーを引き受けていただいており、その温和な人柄からビオラパートのみならず、他のパートの人達からも絶大な人気を誇っている。

林一公先生

チェロ 林 一公先生

桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。1997年より読売交響楽団チェロ奏者。2002年にアフィニス文化財団海外研修員としてドイツのハンベルクで一年間研修を積む。これまでにチェロを長瀬冬嵐、松波恵子、マティアス・ランフトの各氏に、室内楽を北本秀樹、店村眞積、累山誠治、末吉保雄の各氏に師事。

髙山健児先生

コントラバス 高山 健児先生

1965年大阪府出身。高校でコントラバスを始める。早稲田大学卒業後、2年間の録音技師生活を経て、コントラバス奏者への道を志、桐朋学園大学へ進学。田中雅彦、志賀信雄両氏に師事。同大学学部および研究科修了。在学中から都内の全オーケストラをはじめ全国のオーケストラに出演。現在、読売日本交響楽団団員。Cbパート写真担当カメラマン兼任。モットーは「あるがまま」

大見 幸司先生

木管楽器 大見 幸司先生

武蔵野音楽大学卒業。草津音楽アカデミーにてアンドレ・ジョネ氏に、アフィニスセミナーにて河野俊子(現ワシントン・ナショナルフィル首席)に師事。現在(財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団団員。大見先生の透明なフルートの音色に団員皆うっとりです。飲み会ではビール瓶を楽器にしたりとお茶目な面も見せてくれる先生です。

山田 裕治先生

金管楽器 山田 裕治先生

山口県出身。東京芸術大学を卒業。同大学院修了。三好隆三、伊藤清、永濱幸雄、クルト・プッケ各氏に師事。現在、東京コンセルヴァントワール尚美講師、東京吹奏楽団主席奏者、東京トロンボーンアンサンブルメンバーとして活躍中。また、日本吹奏楽学会理事、日本トロンボーン協会理事を務める。

打楽器 村山 良介先生

東京音楽大学卒業、同研究科修了。小長谷宗一、有賀誠門、野口力、菅原淳、宮崎泰次郎の各氏に師事。打楽器奏者として国内外のオーケストラで活躍。聖学院大学非常勤講師。